Sunday, January 15, 2006

wThe cloud castle.

東京とNYはとても遠いのにどこか似ている
原住民は少なく田舎者が集まり
所詮は泡の繁栄に浮く浮草か
浮雲の幻の街
砂漠の蜃気楼
辿り着いてやっと知る
触れば弾けてしまう
掴もうとも実体のない虚空のmetropolisと
そのときはもう遅い
懐かしの故郷は遠く復して帰られぬ
二度と出られぬ浮かれ街の囚人
時間空間を刻むmmetoronomeに支配され
無意識に無責任に無礼に無情に我が為のみの快楽を貪って
重い自由に縛られて生き延びて
憧れの都会人になる

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home