Thursday, January 12, 2006

強がり100%

昨日思い切ってあいつのメアドもTELも
男友達フォルダから削除した
だって送るのも掛けるのも
いつもわたしから
馬鹿にしてるわよ
1コールで出るくせに
いつも待ってるくせに
ぜったいあいつからはアクセスしてこない
だから腹立って削除!
夜の仕事が終わり
朝学校へ行くとき
あいつを見ても無視すると
心の底から決めてたのに
何で如何してなの
顔を見るなりわたしからおはようなんて
わたしのプライドは何処へ?
わたしの自尊心は失踪した
わたしの自制心が行方不明
結局隣の席を陣取りお昼を一緒に食べる
でももう大丈夫
ケータイから削除したもの
あいつが待ってるわたしのコールは今日から一切無し
十六時半に授業が終わって
何故かバイクを引き摺って
わたしあいつを駅まで送る
何処行ったのよ
わたしのプライド
戻ってきてよ
自尊と自制心
またねって言うのもわたし
あいつはクールにさよなら
地下鉄が二人を引き裂いた
のろのろとエンジン掛けてギアを一速にチェンジして
重いバイクとわたしの心は
二三号線をぶっ飛ばし走る
徐々に気分高揚
流れる景色
紅葉美しい季節は感傷をそそり
落ち葉一つでわたしを泣かせる
張り切って課題こなし
楽しいわんことの散歩
頑張って夕食は手作り
一人で食べる寂しい時また指先が疼く
手がケータイを求め彷徨う
足が勝手に動き通学バックにわたしを運ぶ
駄目よ無理よ消しちゃったもの
あいつのメアドもTElも
嗚呼深い後悔
みっともなくても情けなくても
あいつの言葉が欲しい
あいつの声が聞きたい
大丈夫左親指は自動で動いてあいつのメアドを打つ
TELしていいかな?
送信
呆然
三十分
待ってる訳じゃないけど
ケータイと一緒にいた
返信は無し
フン何よ!
幾ら何でもナンバーは忘れたわ
なのにこの親指は主を裏切り
090から四桁四桁プッシュ!
間違ってる恥ずかしい
なのにもう発信押しちゃった
いつもの1コール
聞き慣れたあの声
も~しもし俺だよなんか用だった?
なんてこと
我が親指
永遠にわたしを裏切り続けるの
馬鹿みたい
一寸課題の話して
一寸明日の話して
一寸今の心境語る
一寸声が聞きたかったの!
やけくその自白をあいつは鼻で笑う
そしていつものキメ台詞
俺もだよ
もう駄目
わたしは
一生あいつから離れられないの

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home