Thursday, January 12, 2006

若き翼

流れ去る雲を追いかけ
唯一対の若き翼が行く
吹き荒れる風に向かい
孤独負う若き翼が行く
果て無く広い空の彼方
涙残して若き翼が行く
悲しみの果てに何があるのか
寂しさの終いに何が待つのか
苦しみ抜いた先何を得るのか
恐れもせず
省みもせず
怖気もせず
前だけ見て羽ばたく若き翼達
諦めた眼差しの大人達を捨て今を生きる
其の若い力信じて
脈動と鼓動と血流と魂信じて
生きた証残そうと羽ばたける
若き翼は行く
若さ故に泣く
若さ捨て飛ぶ
一時間後の天変地異も
一分後の株価暴落も
一瞬後の不慮も
何も恐れずひたに羽ばたく
いや
恐れを超えて羽ばたく
羨望する我は
遥か飛び去る彼等の後姿を
双眸に焼付けて密かに祈る
恐れるな
しくじれ
のたうて
貪り食え
飢渇感じ
貪欲に生きてくれ
疲れ果てたときに
きっと君達は
ずっと嫌ってた
大人になっている

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home