Thursday, January 12, 2006

嫦娥

雲母の屏風
燭影深く
長河漸く落ち
暁星沈む
嫦娥は応に霊薬を盗みしを悔ゆるなるべし
碧海青天
夜夜の心
嫦娥は月の異名
中国神話の女神
不死の薬を盗み月世界へ逃げて女神になったが
夜明けの月を見れば
青き海原の如き空を寒々と眺め
我が身が犯せし罪をば悔ゆる
わたしは暁の月に何をか見む
月影は容赦なく我を射し貫き懺悔を強要する
犯した罪の重さは
被害者より加害者こそ知っているのかも知れない
太陽は陽気に肌を焦がして
この身への罰を露わにする
月光は飽くまで冷たく責め
決して許さない
何処までも何時までもついてくる
夜さえ責める
太陽と違い
夜も昼も責めて苛める
振り返れば
いつも月がいる

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home