Thursday, January 12, 2006

ほわいとばんど

三秒に一人子供が死んでゆく
同じ地球の上で
貧困から子供が死んでゆく
其の光景を一瞬でも直視したことがあるか
此れ見よがしに白いゴムを手首にぶら下げる人達よ
ほっとけない世界の貧しさ
そう言うなら
君達は富める者だと自称するのか
自分達は飢えもせず貧しくも無くゆとりがある
だから恵まれない子供達に小遣いの余りをくれてやるのか
此れを見て話の種になればいい
君等はみな異口同音にそう言う
餓死する子供達を会話のネタにして如何に盛り上がるのか
食べ物が無い
水が汚い
其れは全生命にとって最も重要なこと
其れを君達はそんなことと言い放つ
最も大切なことをそんなことと言う
その傲慢な神経が子供達を殺してゆくのだ
お金でなく声が必要だと馬鹿をほざく
本当に窮するものは
暖かい励ましや尊い教えより
蔑みと奢りに満ちた一枚のコイン一個のパン一片の肉が必要なのだ
上から見下げる君達の声など子供達は欲していない
子供達に必要なのは教育より激励より慈悲より
土足で踏んで汚れたパンの一欠けら
哀れみと優越感のこもった一ドル札
綺麗な芸能人がレポートする欺瞞の情報に騙されるな
奴等は綺麗なものしか映さない
奴等は糞尿血塗れの姿を見ない
奴等は蛆の沸いた死体を除外し
奴等の望む綺麗な瞳の子供しか
レンズを向けない合あわせない
親の屍骸を食う子
子の亡骸を貪る親
死に掛けの子供を襲うハゲワシ
腐って落ちた目玉をぶら下げる子
自分の身体に湧いた蛆を食う子
蝿や蛾を掬って分け合い食う子
飢えの余り泥を食い
内臓が破れ裂けた腹を呆然と眺める子供達
其れが真実で現実
腐った仲間の肉を食い大腸菌に殺される子に
何の言葉が必要なのだ
言葉を発する暇に
バンドを買う金で
身体を
麻薬を
石粒を
殺菌を
買ってやれ
ほっとけない世界の貧しさ
傲慢の絶頂を極めたことを表す白いゴムバンド
話のネタに五百円払うなら五百円ユニセフに寄付しろ
食べ物と水に恵まれた驕り高ぶる馬鹿野郎へ
現地で一緒に蛆を食い泥水を飲み内臓を破り
共食いの弔いを眺めるしかなった
無力な女より

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home