Thursday, January 12, 2006

君との距離

夜は深まりて樹葉の影は地に満ちる
秋日が春朝に勝るとは心沈む
今宵気がつく
東に行きて暗く
西に走りて寒く
千々散乱する心
妄執に駆られて泰然に遥か遠く
帰る雁の影さえ月光遮り冷たく
心思いに尽きせぬ夜思慕
一人寝の冷えが身に凍み
君の温もりの名残に染み
心ざわめき身もそぞろ
魂は抜けていざ君の元へ
我は岸に在り
君は船に居り
両人心合わせど思い叶わず
途切れ途切れの恋歌が
何時しも川面に流るる
然り君の筏の櫓となり君を幸福へと運びたい
我とは結ばれぬ縁なら
君の笑う顔を届けたい
我にあらぬ誰かにでも

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home