Thursday, January 12, 2006

思い上がり

わたしとても思い上がっていた
あなたさえ傍にいてくれれば何も要らないなんて思っていた
今は違うの
今はねわたし
あなたがこの世に生きていてくれさえすれば
それ以上何も望まない
自分の命だって捨てられる
ささやかに願うなら
どうかあなたに笑っていて欲しい
あなたの瞳がわたしを見なくても
あなたが笑って幸せでいてくれるならそうれいい
綺麗ごとと思わないで
今わたし生死の間際で本気で思うの
自分が生き延びてもあなたが不幸せでは
きっとまた死を望むでしょう
だからわたしを忘れて
可愛い誰かと
妬ましいほど幸せになって
眩しい笑顔を眺めさせて
そしてこの思い上がりを壊して
打ちのめして
笑顔を見せて

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home