Thursday, January 12, 2006

装いの果て

あなたが好む女になるよう
わたし必死に演技してきた
ホントはね
マスカラもルージュも嫌いなの
だけど必死にあなたのために
毎日女を磨いてきたわ
なのに何故?
醒めた視線
浮つく言葉
抱きしめる腕は強くて熱くてわたしを夢見心地にさせるのに
あなたの目はもうわたしを通り過ぎ
他の女を見ている
わたしを見てと言いたいけど言えない
あなたの腕の強さは
わたしがしてきた演技のお返し
酷い仕打ち?
嘘の優しさ?
どっちだっていい
どっちだってもう
あなたはわたしから離れていく
わたしに止める力は無い
惑わせる魅力も無い
あなたが去った後のわたしは空の鳥の巣よりも虚ろ
きっと呼吸さえ忘れる
多分鼓動も減っていき
あなたが他の女と笑う頃
わたしは冷たく息絶えて
お互いにやっと安息を得るわね
何て悲しいハッピーエンド
悲しいほど恋は美しい
そんな風に自己憐憫を
ただ続ける
装いの果てに見つけた
本当の自分

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home