Thursday, January 12, 2006

逆旅

喜びや悲しみの訪れは此れを防ぐ道など無く
怒りや楽しみの訪れも其れを止む術など無い
人間は他の動物と違い
無用に喜怒哀楽を感じ
振り回されて傷付いて
有りもせぬ失望に沈み
底の無い絶望に浸る
悲しみも喜びも怒りも楽しみも
其の訪問を迎え一夜の宿を貸す
唯其れだけ
逆旅という
否応も無い時の流れの一泊一飯を供するだけ
喜怒哀楽の訪問は
何時も突然で
何処にでも誰にでも構わず届く
歪んだ平等の名の下
嫌がりながらも引き止めもせず
淡々と送迎するのみだ
獣なら感じない寂寥も
鳥なら望まない飛翔も
魚なら泣かない痛痒も
すべて引き受け人は生きる
其れが人ならではの道
なら行こう
茨を踏んで
剣山に寝て
草の根枕に
旅を棲家に
巡り来たる輪廻転生を
人間として
行き生くる

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home