Thursday, January 12, 2006

黄河にて

河伯よ
欣然として自ら喜び
天下の美を以って尽くし
己に在りと為す
貴方の雄大さは
時に優美
時に恐怖
人共の感情など一顧だにせぬか
貴方を頼り貴方を拝む
我等が存在など気にも留めぬか
河伯よ
其の大いなる主人でも神でもあるという
人共の囁きなど一切関知せずに悠々流れを紡ぐ
ご存知か
かつて日本では貴方の名を以ち河童なる妖怪に仕立てた
沙悟浄も笑うか
この矮小なる島国の民を
貴方の大きさに打たれてわたしは
何度でも訪れる
然り其の度打ちのめされ
然るに此度叩きのめされ
何時なる彼方遠く望みて
再来を誓う
次は必ず貴方の姿を見る
水神か龍か今度こそ貴方を見つける
其の時にはどうかわたし呑み込んで
黄河沙一粒に変えてくれ
其の悠久の流れに抱かれ
死も忘れて
流されたい

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home