Thursday, January 12, 2006

世界の東で幸せを叫ぶ

わたしの朝はウォッカで始まる
二十一時から始まる本業を終え
業務終了の確認をネットで行い
五台のPCの隣に装備してある
左から順に
ウォッカ
LARK
向精神薬
午前三時半から四時までの時間
左から順に空けていく
夜も次第に明けていく
オリオン座がまだ見える空の下
わんこと一マイルのお遊び走り
じゃれ合うこの一時を守るため
わたしは激務にもへこたれない
わんこと朝食
新聞で株調査
わたしのもう一つの一日の最初
其れは愛車CBR600で開始
わんこを背負って実家に預けていざ大学へ
時速百キロで突走るこの一瞬一瞬が最高に爽快快感
始まる授業は退屈だけど
単位を取り試験を受けて
無事三年間で卒業すれば
途方も無い大吉祥が待っている
わたしは米国へ戻りたい
其の夢のため頑張ってる
来るかどうかも定まらぬ
アメリカの存続さえ不明
況してわたしの人生など
蚊蜻蛉のように頼りない
だけど必死に食い下がる
夢は追うもの夢は見るもの
掴んだ瞬間に現実に変わるから
今はモラトリアム期
現実逃避する
そんな時期が人生に三年間だけあったっていいじゃない
不確かな夢を追っている今が多分一番幸せだから
今は朝から酒飲んでわんこと遊んで
バイク飛ばして超難解な六法と種種細則と戦う
世界で一番幸せ
世界の極東で大声を張り上げる
恵まれない奴等
悔しかったなら
自力で勝ち取れ

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home