Thursday, January 12, 2006

心の間に間に

夕焼け小焼け
烏が森へ帰る
長引く影法師
背比べした日
暮れていく町
穏やかになる
過ぎる人々も優しくみえる
夕陽が見せた幻影か
月が照らした幻想か
星降るまでの束の間
ざわめきは静寂へと
せわしさは悠久へと
心象を変える
一時の情景は何時しか郷愁想起して
誰もが心の奥に描く安らかな夕焼け象る
千差万別の心の奥に何故かよく似た景色を持ってる
思い出に浸るより今急がねばならぬ
そんな現代人への星達からの贈り物
不可思議に心々惹かれ寄せ合うこの一時は
必ず日々訪れる恩恵
空が焼け爛れ剥がれ落ち
赤剥けの腐肉を見せる頃
真赤い生き血を垂れる刻
人はまた現実に還り
辛さ溢れても涙隠す
素直に泣けた頃の懐かしい夕陽風景
心に描いては消し
また明日描き
慰め生きていく
死ぬまでは生き延びる
悲しくても寂しくても苦しくても
平静装って仮面を被り人生を歩く
引き返せぬ時空の螺旋
時折俯き振り向き
自分の血を舐めて
生きて往く
死んで逝く

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home