Thursday, January 12, 2006

白秋憐憫

自称鬱病患者が増える秋
病院から見える空は白い
白秋の意味が少し分かる
現実には秋は紅色だけど心はもう真っ白になった
一気に老け込む此の季節
詐病患者が医者を困らせ
待ち時間が長引く此の頃
病院を出ても空は真白い
家に帰っても心は真白い
顔だけが青褪めて醜くく
傷跡は矢張り白く浮かぶ
自分で切った手首や肘裏
増えていく赤蚯蚓白蚯蚓
増やすのはわたし自身だ
今日は一杯頑張った
今年度一杯頑張ろう
其の後は?
知らない?
答えてよ?
ねえ誰か?
白い秋は辛い季節
何もせず眠りたい
できれば死にたい
嗚呼また始まった
わたしの超欝持病
切り方も上手くなったよ
自分で切って縫えるのよ
物思いの季節白秋
こんな日は泣いていい
自傷と自慰繰り返して日が落ちる
心は沈んで
また傷が一つ増えた

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home