Thursday, January 12, 2006

rm滅び秋

大都会にも秋来たり
僅かな立ち木色づき
世界が血の色に染む
蟲共が断末魔を叫び
翅摩り余命短し喚く
枯れて落ちた紅葉は
アスファルトを擦り
人の心をざわめかす
真夏に散った恋や夢
復讐せむと再来する
秋の黄昏は暗い狂い
春の朧なる月と違う
秋の冴え冷ゆ夕べは晩夏の華やぎ残せり
引き換えて全生命の終焉の予感投げ与え
復讐のため再来する
嗚呼災い哉
禍いかな
美し色の紅葉に篭る
砕けた愛の残骸共が復讐を携え再来する
此れ迄散々踏み躙り殺し尽くした草花が
人智凌駕せし質量で
愚かしき人共に勝ち
いい加減な人の魂が蹂躙さるる
紅葉血の色
世界肉の色
紅葉総じて仇討された死体の腐肉
啄むのもが秋に勝つ者
負けし人はひた流血し紅葉進める
世界は血の色紅葉色
若しかして一番美しい季節なのか
滅びの予感嘘寒く靡き
我等人類を叩きのめす打ちのめす
世界は流血し腐敗し真っ赤に染まる
薄紅の季節
滅びの時期
死に向かう瑠璃星染む
美しき秋也

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home