Tuesday, January 17, 2006

w肝胆濯ごとく

肝胆相照らせば分かり合えるかな
肝胆砕けば恋慕あなたに届くかな
どんなに言葉を尽したとて如何に尽くして貢いだとて
この慕情寸分あなたに伝わらない
菖蒲咲き
めだか泳ぐ
この池
わたしの心は洗えるかしら
少しは綺麗になるのかしら
あなたの冴えた瞳と澄んだ心はこの穢土を見ようもとしない
この塵界に背を向け引篭もる
わたしの心は適度に汚れかなり頑丈になったから
あなたの敏感が理解不能
どうして嘘吐きが悲しいの
どうしてお世辞が嫌いなの
どうして上手く騙せないの
楽になるのに愛されるのに喜ばれるのに其れができないあなた
だからわたしこんなにも心ひかれる
わたしの肝臓と胆嚢を砕いて天日に干して乾かし粉にして
あなたに全部飲み下して欲しいと思う
わたしの肝胆は爪の垢と同じほど汚く
あなたに上手な生き方を教える薬効があるから
苦いわたしの内臓を飲んで辛いわたしの生血を啜って甘いわたしの肉を食らって
もっともっと強くなってね
わたしからあなたへの最後で最大のの贈り物

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home