Friday, January 13, 2006

鉄の処女

寂しかった
会いたかった
口癖になっちゃった
君の背中ばかり見て生きてきたから
君の顔が思い出せない
こんなにも好きなのに
君の顔は夢でも曇ってる
君の声は電波に変換されていつも無機質
抑揚なく相槌打つだけ
自分からは何も話さない
わたしのこと好き?
ああ好きだよ
愛してる?
愛してるよ
悲しいくらい手応えはなく
月の満ち欠け潮の満ち引きのよう
自動的に機械的に繰り返し繰り返し
囁くだけで抱いてくれない
伸ばした手を握り返してくれない
わたしの心も有機から無機へ
鉄の女になったよ
もう誰からも傷付けられぬように
喩え君だって傷付けられぬように
硬質で冷たいわたし
アイアン・メイデン

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home