Saturday, January 14, 2006

w異邦人

生き延びて分かる
生きてるって感触
自発呼吸を取り戻した自分を
褒めようか叱ろうか迷ってる
食べられもしないのに食事を運ぶヘルパー達
口を利かないわたしに何人と尋ねた
わたしは何処へ行ってもそう訊かれる
何人なのかと
わたしは笑いながらいつも通り答える
地球人だよと
そういえば初めてのバイトの際困った
履歴書の記載
本籍地欄には都道府県だけ
国が書けない
それだけで落ちた
この島国は皆一緒が好き
飛びぬけて綺麗だったり
ずば抜けて利口だったり
それら全部が苛めの理由
何時頃からだったろうか
苛められる前に苛めるようになったの
こんなわたし卑怯で卑屈で大嫌いなの
でも死ねないから生きるしかなかった
ならば強く狡くなりたい
誰をも傷つけ嫌われ愛想尽かされてね
わたしが死んでも誰も悲しまないよう嫌な女になりたい
もうなってるな
まだ足りないな
だってわたしまだこんなに弱く愚かで
駆けつけたこの人を泣かせてしまった
阿呆だね
わたしもあなたも
免許証とケータイもってだんまりなんてね
無言で報せてってお願いしたようなものだ
もっとずっとっ必ずわたし汚れてみせる
待っててね
もう泣かせない
嫌わせてあげる
もう泣かないで
憎ませてあげる
一粒の涙にも値しない
見知らぬ異邦人に還るから

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home