Friday, January 13, 2006

wアンスピラシオン~創意

桜は決して人間にめでられようと作為の上に咲く訳ではでないのに
人間は御目出度くも
桜が人を喜ばせようと咲くのだと
新たな年度を祝うため咲くのだと
誤解する
ありもしない目的が叶っていると言い張る
カントは其れを説明した
目的無き合目的性として
難しい哲学より易しい
作詞より優しい
風景こそ愛でるに値するのに
小難しい屁理屈付け
眼前の花を否定する
嫌な大人にわたしもなった
厭な奴にもお世辞が言える屑共の仲間にやっと入った
捨てた純粋より得られた収入が
今のわたしには重要
明日のわたしはもっと欲しがるだろう
明後日のわたしは更に上方を目指して
一年後には今の望みをきっと手にする
十年後も欲は膨れ続け飽くこと知らず
もっともっとと無間地獄にいるだろう
そして気が付く
何一つ産まずに何一つ残さずに唯一人ぼっちで消えていく
その怖さを
だからって何かを生み創る能力がわたしには無い
こんな屑唯一人
消えて逝け

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home