Sunday, May 21, 2006

wr君待つ春寒し

未だ春寒し
ユトリロの描けり白き壁に我が影のみ映る
傍らに居りし彼は何処や
春潮に流せし彼への手紙一通
住所も切手も無く唯愛し彼の名と
帰り待つ我が悲しみのみ墨滲めり
涅槃西風生まれし国へどうかこの想い届かむと祈る
海岸に佇む我を一頻り春雷が襲う
一人なら恐ろしく二人なら楽し春の雷轟く
人目憚らずにて彼に我が身を摺り寄せられる故に
此処に彼居らば早よ来たれや雷よ
水草生う季節に此れ迄捨てて来しもの数え
花曇りの夕べに今迄に捨てられし痛み数え
何れが多いやとまた悩む
春なれば暁忘れ眠りたし
虫も目覚める季節柄なれど彼無き我は唯眠りたし
花弁開く音さえ耳打つ
薄雲流る音さえ響けり
此れほどに静かなる独居の寂しさには決して慣れることなく
幾万の中を選びて我が肩に降り落つ桜花
淡く愛しく君が重なる
暁に想い白昼に夢見夕べに泣きて今
月光に映える辛夷の花が空に浮き風に揺れおり
立ち止まらぬ時の流れに運ばれて生あるものは
生まれ出会い別れ老い死せるのみ
逆らえられぬ瑠璃星の掟
逆らう抗う我は無残に老い行く
逆らわぬ君面影を唯に追い行く
浮かれし春の街に沈む心蹴りつつ転がし
今日もまた明け暮れ
時を費やし命を屠り
君を待つ

0 Comments:

Post a Comment

Links to this post:

Create a Link

<< Home